脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスを調節…

脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みのブロック、様々な覚醒などを司っていて、大うつ病の方ではその力が鈍化していることが判明している。

通行中の交通事故や山での転落事故など、とても大きな力がかかった場合は、複数の個所に骨折が齎されたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、さらに重症の時は内臓破裂してしまうこともあり得ます。

亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している特殊な酵素や、細胞や組織などの活動に関係している酵素など、約200種類以上の酵素の構成要素として絶対に外せないミネラルだといわれています。

V.B6には、あのアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギー代謝のために必要となる回路に組み込ませるため、もっと化学分解することを補助する作用もあると言われています。

メタボリックシンドロームとは断言されていなかったとしても、臓器の脂肪が多く付いてしまう特性の悪い肥満に陥ることにより、あらゆる生活習慣病に罹患しやすくなります。

物を食べるという行動は、食べたい物を気軽に口へ入れたら約20回噛んで後は飲み込むだけだが、その後体はまことにまめに動いて異物を人体に取り込むよう努力している。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力がきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類になります。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓にある血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が破壊されてしまったことにより、患者の膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなることによって発病するという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜よく眠れない場合、それが引き金となって慢性の睡眠不足となり、次の日目覚めてからの業務の遂行に思わしくないダメージを及ぼすこともあります。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素そのものの正常な生成活動を促しているのではないかという事実がわかりました。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を体の中で解毒し、肝機能を良くする性質が認識されています。

子供の耳管の構造は、大人に比べると幅が広くて短い形状で、かつ水平に近いため、様々な菌が潜り込みやすくなっています。小さな子供が急性中耳炎に罹患しやすいのは、この作りが関わっています。

季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今日までの研究結果によって、注射の予防効果を見込めるのは、注射した2週後位から約150日程だろうということが判明しました。

肝臓をいつまでもきれいに維持し続けるためには、肝臓の解毒する力が低くならないようにすること、要するに肝臓の老化対策を実行することが重要だと思われます。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、全身の脂肪が占める率のことであって、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight、キログラム)×100」という計算式で算出されます。