アルコールを無毒化するという力があるナイアシンは、…

アルコールを無毒化するという力があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いによく効きます。嫌な二日酔いの素因だといわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質のクラッキングにも携わっているのです。

フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている有機硫黄化合物について、肝臓に存在している解毒酵素のスムーズな製造活動を助けているかもしれないという事実関係が明らかになりました。

薬やアルコール、合成保存料を始めとした食品の添加物などを酵素で分解して無毒化する作用のことを解毒と呼んでおり、肝臓が果たす大切な務めのひとつであることは間違いありません。

500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝という病気は、動脈硬化や糖尿病を筆頭にありとあらゆる病気の原因となる可能性があるといわれています。

普通は水虫といえばまず足を連想し、中でも足指の間にできる皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけではなく、人の体ならどの部分にもかかる危険性があります。

常時横向きになったままテレビを見つめていたり、片手で頬杖をついたり、ハイヒール等をいつも履くというような習慣は体の均衡を崩してしまう因子になります。

World Health Organizationは、身体に害を与えるUV-A波のデタラメな浴び過ぎは皮ふ病を招く可能性が高いとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日サロを使用する行為の禁止を世界中に提案しています。

パソコン画面の青っぽい光を軽減させる効果のあるPC専用の眼鏡が特に人気を博しているのは、疲れ目の低減にたくさんの方々が四苦八苦しているからだと考えることができます。

くしゃみに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛散量の多さに追従するように酷くなる性質があると言われています。

必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや運動は当然のことながら、心身両面の健康や美容を目的とし、目当ての栄養を補うために色々なサプリを飲む行為がおかしくなくなってきていると言われています。

不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるためさほど難しい心臓疾患ではないにしても、同じような発作が立て続けに起こるケースは危険な状態です。

アメリカやEU圏では、新薬の特許が満了してから30日後、市場のおよそ80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に切り替わるような薬もあるというくらい、ジェネリック(後発医薬品)は世界各国に採用されているという現実があります。

ストレスがかかり、蓄積していく経緯や、手軽で有効なストレスケア方法など、ストレス関連の詳しい知識を保持している人は、現時点ではさほど多くはありません。

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森の杉やヒノキ、マツなどの花粉が原因となり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を発症させる病気なのです。

心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が細くなり、血流が途絶え、酸素や大事な栄養が心筋に送られず、筋線維そのものが機能しなくなるという大変深刻な病気です。