うす暗い場所だと光量不足によって見えにくくなります…

うす暗い場所だと光量不足によって見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、レンズのピントを合わせるのに余分な力が使用されてしまい、結果的に明るい場所でものを見るよりも疲労が大きくなるのです。

日本における結核対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」にならって進行されてきましたが、2007年から結核以外の感染症と一緒に「感染症新法」という法律に沿って遂行されることが決定しました。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われてしまった後に市場に出回って、新薬と変わらない成分で負担の小さい(薬の代金の高くない)後発医薬品そのものです。

年齢を重ねることが原因の耳の遠さでは段々聴力が低くなりますが、通常還暦を過ぎないと聴力の悪さをしっかり把握できないものです。

2005/02/01から新しく特保の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の一文の明示が食品メーカーの義務となった。

演奏会の開催場所やダンスを踊るためのフロアなどに据えられている大きなスピーカーの正面で爆音を聞いて耳が聞こえづらくなってしまうことを「ロック外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?

エイズはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因のウイルス感染症の事であって、免疫不全を引き起こして些細な真菌などが原因の日和見感染やがん等を併発してしまう症候群のことを指しています。

体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に役立つ糖、細胞の新陳代謝に欠かせないタンパク質など、無理な痩身ではこういった様々な活動をキープするために外せない要素までも欠乏させてしまっている。

黴菌やウィルスなどの病気を生む病原体が肺へ入って発病してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を起こした容態を「肺炎」と診断しています。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭くなってしまって、血液の流れが途絶えて、大事な酸素や栄養を心筋に送ることができず、ほとんどの筋細胞が死ぬという大変深刻な病気です。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含んでいる血液や精液のほか、唾液、母乳、腟分泌液といったあらゆる体液が、看病する人などの粘膜や傷口等に接触した場合、HIV感染の危険性が大きくなります。

内臓脂肪症候群とは言われなかったとしても、臓器に脂肪が多く付着しやすい類のよくない肥満を持ってしまう事に縁って、数多くの生活習慣病を誘引しやすくなります。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、3~4日くらい薬を飲めば、一般的に約90%の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、さりとて食道の粘膜のダメージや炎症が全快したわけではないので気を付けましょう。

下が90以上の高血圧が長期間続くと、血管に強い負担がかかった結果、全身至る所のいろんな血管に障害が起こって、合併症を発症してしまう公算が高まるのです。

常在細菌であるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒素が極めてきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができます。